歌行灯うたあんどん
宮重大根のふとしく立てし宮柱は、ふろふきの熱田の神のみそなわす、七里のわたし浪ゆたかにして、来往の渡船難なく桑名につきたる悦びのあまり…… と口誦むように独言の、膝栗毛五編の上の読初め、霜月十日あまりの初夜。中空は冴切って、星が水垢離取りそ …
作品に特徴的な語句
おっ たけ せま うまれ いか 強請ゆする せん とどめ 良人あんた とく おくれ さき おとっ ぞうろう 三絃ぺんぺん まがり せきばらい みまわ いい おそろし すずし てめえ くね わっし そっ やっ せなか 不可いけね まわ さが 真実まったく あい よし ばか ともし さみ 白眼しろまなこ はずか かえ おつ 引込ひッこ ゆき 打着ぶちつ 頬被ほおかむり 下婢おさん 音信おとず 執着しゅうぢゃく 砂塵しゃじん 床几しょうぎい 径路ちかみち つら あんね いば 突放つッぱな 一切いっせつ へッつい 喝采おお そっ とおり おびや しな うずく おそれ 跪坐かしこま 上手うま ひとつ なり とこ 出掛だしか 女房おかみ わざ しゃ かけ ねむ しん おおき 提灯かんばん めっかち 前方さき 黙然だんま ささ 鳩尾きゅうび 小止こやみ 背向そがい 一時ひとしきり がき