歌行灯うたあんどん
宮重大根のふとしく立てし宮柱は、ふろふきの熱田の神のみそなわす、七里のわたし浪ゆたかにして、来往の渡船難なく桑名につきたる悦びのあまり…… と口誦むように独言の、膝栗毛五編の上の読初め、霜月十日あまり …
作品に特徴的な語句
烏賊いか 燭台しょくだい 浅葱あさぎ 溝板どぶいた 芍薬しゃくやく 衣物きもの 揉手もみで きぬた なまず 加減さしひき 謀叛むほん ぬか 惜気おしげ なだ 不束ふつつか 梶棒かじぼう 冥土めいど 蹴出けだ 子細しさい 馬士うまかた 可懐なつか 駒下駄こまげた 栄螺さざえ すずき 他愛たわい 闇夜やみよ 田楽でんがく 身震みぶるい 本文ほんもん 海鼠なまこ 行火あんか 一図いちず 名告なの 人品ひとがら 夥間なかま 怨敵おんてき 立塞たちふさ 道行みちゆき 薬罐やかん 鯉口こいぐち しお 逆手さかて 千尋ちひろ 羽二重はぶたえ 面当つらあて 他家よそ 串戯じょうだん 声高こわだか 爪立つまだ 御身おんみ 蹴込けこ 鰹節かつおぶし 儼然げんぜん 上框あがりかまち 紺青こんじょう 中空なかぞら 冬瓜とうがん 北国ほっこく 火桶ひおけ 風説うわさ 流眄ながしめ 後毛おくれげ ぼら 一献いっこん 内端うちわ 隣室となり 鳩尾きゅうび 遺書かきおき 南無なむ 水垢離みずごり 熱燗あつかん すそ しょう 呵々からから 胡弓こきゅう わに 曳出ひきだ 浅猿あさま かぶ はり 中年増ちゅうどしま 紋付もんつき 馭者ぎょしゃ 不恰好ぶかっこう 出掛だしか 断念あきら 金蒔絵きんまきえ 後向うしろむ たけ 一呼吸ひといき 握飯にぎりめし 祭礼まつり 可哀想かわいそう 平伏ひれふ 起居たちい 広袖どてら めい 白張しらはり 羊羹色ようかんいろ