“捏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
81.5%
こね6.5%
でっ3.6%
3.0%
でつ1.8%
1.2%
つく0.6%
てこ0.6%
ねり0.6%
デツ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なかには、海豹、海驢緑海豹など十匹ほどのものが、で打ちあいウオーウオーとえながら、狭いなかをねかえすような壮観だ。
人外魔境:08 遊魂境 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
お鳥はまたさう思はれたくないので、わざと、義雄の困る樣に、人々の前で、また聽えよがしに、勝手なだだをることがある。
泡鳴五部作:05 憑き物 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
それでも鬼が来てくか、楽書でちたような雨戸の、節穴の下にの枝が落ちていた……鬼もまねばなるまい、いとど低い屋根が崩れかかって
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そこいらの身のほど知らずがっちあげた、まるで自然をぶちこわして裏返しにしたような、怪しげな眉唾ものに飛びついてゆく。
「二人の口が合ひさへすれば、どんな證據でもちあげられるものなら、世の中に所刑臺に乘る馬鹿は無くなるよ」
砂と云つても此地方のは徴細な粘土質の物で、城内の家屋は殆ど全部が屋根も壁も其砂をつて固めた一階の平房建築である。
きちんと坐り込んで莨をっていた父親が、いきなり起ち上ると、子供の着物や母親の襦袢のような物を、両手でって、ジメジメした庭へねてり出した。庭には虫の鳴くのが聞えていた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
でも動かぬにじ果てて、すっぱすっぱ煙草を吹かすやら、お前様、をするやら、向脛る蚊を揉殺すやら、泥に酔った大鮫のような嘉吉を、浪打際に押取巻いて、小田原評定
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
やっと気がついて、水と、葡萄酒の樽と、二十五斤入りの乾麺麭の袋を一つ投げてよこしたが、乾麺麭の袋は見当がちがって海に落ち、引揚げたときは大きな粉の塊りになっていた。
海難記 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
いざなぎの命の鎮りますひのわかみや(日少宮)は、実在の近江の地から、逆に天上の地をちあげたので、書紀頃の幼稚な神学者の合理癖の手が見える様である。
妣が国へ・常世へ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)