“捏合”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こねあ50.0%
こねお50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“捏合”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
映山先生がれ聞いてね、渾名あだなして、曰く——荷高似内にたかにない——何だか勘平と伴内を捏合こねあわせたようだけれど、おもしろかろう。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
……城の石垣に於て、大蛇おおへび捏合こねおうた、あの臭気におい脊筋せすじから脇へまとうて、飛ぶほどに、けるほどに、段々たまらぬ。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)