薄紅梅うすこうばい
麹町九段——中坂は、武蔵鐙、江戸砂子、惣鹿子等によれば、いや、そんな事はどうでもいい。このあたりこそ、明治時代文芸発程の名地である。かつて文壇の梁山泊と称えられた硯友社、その星座の各員が陣を構え、塞頭 …
作品に特徴的な語句
烏賊いか 夜叉やしゃ たが 海月くらげ 浅黄あさぎ きぬた ちん 胡麻塩ごましお かも 枝折戸しおりど 楚々そそ あかね なまず 章魚たこ 鉄漿かね はく しじみ 麦藁むぎわら 掃溜はきだめ 不忍しのばず 矢立やたて 蹴出けだ 分限ぶげん 可懐なつか 沙魚はぜ 灰汁あく 凌駕りょうが 素袷すあわせ 脂下やにさが 駒下駄かっこ 奢侈しゃし しきみ 脚気かっけ 日盛ひざかり かんざし 引緊ひきしま 三和土たたき 気振けぶり 外道げどう 花弁はなびら 硝子窓がらすまど 身震みぶるい 落人おちゅうど 朧夜おぼろよ 破風はふ 一本ひともと 夥間なかま 入相いりあい 台辞せりふ 道行みちゆき 円髷まるまげ みまわ 群青ぐんじょう 人品ひとがら 光琳こうりん 水滸伝すいこでん 瓜実顔うりざねがお むぐら 妙齢としごろ 平打ひらうち 払子ほっす 銷沈しょうちん 燦々さんさん 赤蜻蛉あかとんぼ 為替かわせ 羽二重はぶたえ 遊蕩あそび 山茶花さざんか 串戯じょうだん 遥々はるばる 蛞蝓なめくじ 挿絵さしえ 日脚ひあし 涅槃ねはん びょう ひわ 蒼黒あおぐろ 丹塗にぬり 譬喩たとえ 蹴込けこみ 阿漕あこぎ 魂魄こんぱく 握拳にぎりこぶし 御容子ごようす 楽書らくがき 東雲しののめ 皎々こうこう 入谷いりや 内端うちわ 真昼間まっぴるま 緋鹿子ひがのこ 襷掛たすきが しころ 面食めんくら 薄紅うすくれない 熱燗あつかん 如意にょい 霏々ひひ 嬌態あま 処々ところどころ