薄紅梅うすこうばい
麹町九段——中坂は、武蔵鐙、江戸砂子、惣鹿子等によれば、いや、そんな事はどうでもいい。このあたりこそ、明治時代文芸発程の名地である。かつて文壇の梁山泊と称えられた硯友社、その星座の各員が陣を構え、塞頭高らかに、我楽多文庫の旗を飜した、編輯所 …
作品に特徴的な語句
ぶん わり きこ ぎれ 此方てまえ せま ゆるぎ もうず 不可まず おはん 歩行てく うな 正面まおもて ただ むず わたい 頭上のぼ ばな ねむ おそな たか いき 高尚こうとう やつ よじ ねじ しめ おおせ 他事よそ やま 退しざ ひねり もん いつく ふわ 面紗べール 真珠やきいも 繊細こまか まとま しんし 退しさ とこ どおり かず 親父しんぷ 呆然ぽかん 動揺どよめ そばた すずし ある 意匠こころつもり ずき がか 最初のっけ きお 頬辺ほおべ 頭髪ずはつ たま かたえ やれ かな 時代じぶん おつ ふさ 不可いけね ざつ そま ばえ ついえ くすぐった くら 蝸牛でんでんむし ざかり もうで わなな がい 売女くろうと うしろ とおり びん たた 顛倒ひっくりかえ こつ ひと こがらし なり まばたき 故郷おくに しぼ とぐろ