“頽”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くず53.2%
くづ17.1%
すた11.7%
なだ6.3%
くずお2.7%
おち0.9%
おと0.9%
くずほ0.9%
くづれ0.9%
こわ0.9%
たい0.9%
たお0.9%
ただ0.9%
0.9%
ナガ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
国中に内乱の起った場合で取りす人夫も無く其のまま主人を見殺し、イヤ聞き殺しにした、けれど真逆とも発表が出来ぬから
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
竹苑椒房の音に變り、れたる僧庵に如何なる夜をや過し給へる、露深き枕邊に夕の夢を殘し置きて起出で給へる維盛卿。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
兄弟の父は今申す鎧師、その頃は鎧師などいう職業はほとんどっていましたし、それに世渡りの才はい人で、家は至って貧乏でした。
乗り合いは前後に俯仰し、左右にれて、片時も安き心はなく、今にもこの車顛覆るか、ただしはその身投げ落とさるるか。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
内田君がもぐもぐと口をく度に、沸々と泡立つコップの中で、その迪子がニタニタとれるように嗤うのである。
古傷 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
これはかねて世界最大の噴火口の旧跡と聞いていたがなるほど、九重嶺の高原が急にこんでいて数里にわたる絶壁がこの窪地の西をっているのが眼下によく見える。
忘れえぬ人々 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
既に彼を存するの風をし俗を所以なるを知り、彼を除くの老をけ幼を憐む所以なるを知る。是に於て予が殺害の意志たりしものは、に殺害の計画と変化し来れり。
開化の殺人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
わが横にれ歎く者ありと蟋蟀とりなして鳴く
晶子鑑賞 (新字旧仮名) / 平野万里(著)
これがを挽回するの策を講ずるなし、かへつてこの気運を煽動し、人才登用を名として、為に門戸を啓き、名望あるの士を迎へてはしむるに黄金をもつてし、籠絡して自家の藩籬に入れ
誰が罪 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
もかの厳島の社の廻廊が満つる潮に洗われておるかのように見える、もっと驚いたのは、この澄んでいる水面から、深い水底を見下すと、土蔵の白堊のまだれないのが
雪の透く袖 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)
字書暴風ともあればよくへるにや。さて雪頽雪吹て雪国の難義とす。高山の雪は里よりもく、るも又里よりはし。我国東南の山々にちかきも雪一丈四五尺なるはしとす。
闇の中に、ナイフがくと、源吉の躰は、くたくたと生首の上にれ、の中に転がり落ちた。
鉄路 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
女は生れさえすりゃ誰でも処女だ、純潔だのに、一人で純潔がって廓の売色を、れた、れた、浅ましい、とその上に、余計な事を、あわれがって、慈善家がって、う済まして、ツンと気取った。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
大抵はげた頭の後の方に、黄茶色の細い毛が少しばかり並んで居る。
農村 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
総身ヲ削ツテドンランニ レコムノダ
逸見猶吉詩集 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)