農村のうそん
冬枯の恐ろしく長い東北の小村は、四国あたりの其れにくらべると幾層倍か、貧しい哀れなものだと云う事は其の気候の事を思ってもじき分る事であるが、此の二年ほど、それどころかもっと長い間うるさくつきまとうて居る不作と、それにともなった身を切る様な不 …
作品に特徴的な語句
いぐ かかあ やろ なさけ まある つえ わるい けえ たた しみ 此間こねえ たのも かか 親父とっ 利益みいり かっ とよ うち おろ ちゃん 母様かかさま ちい 昨夜よんべ かお かた はじ 片附かたづい 父様ととさま 彼方むこう おら 四辺まわり きら つい つけ そこな めえ かな ほし 距離みちのり つれ たと 私達わしたち わし 出来でか のろ あらた ふか とお あが 男様とっさま つか へり せい せん 赤坊やや かい あん わき えれ いそ ひん 気張きばる つゆ たま 自然ひとりで 交際つきあい かまえ がまち こん きれ ふう 頸巻えりまき なり くつがえ 唯一ゆいつ はた 実入みいり ばば すぐ こま 各々めいめい 同胞きょうだい