“私達”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
わたしたち65.2%
わしたち8.7%
わたくしたち8.7%
あたしたち4.3%
わたしだち4.3%
わっしだち4.3%
わっちたち4.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“私達”を含む作品のジャンル比率
総記 > 団体 > 博物館100.0%
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学(児童)23.1%
文学 > 英米文学 > 小説 物語(児童)10.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
私達わたしたちはみんなおまへさんのお友達ともだちです。私達わたしたちをよくおぼえてくださいよ。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
日が暮れようとしてゐた。私達わたしたちはかへらねばならない。水神松生ふるつゝみの下へ、あかりのうつる八幡樣の下へ。
筑波ねのほとり (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
学問の御ありなさるお前様方にゃあ可笑しかんべえけど私達わしたちは有難がって居りますのさ。
農村 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
私達わしたちの粗末なお酒は心を持つてゐましたぞ!
で、自然しぜん私達わたくしたち対話はなしんでからのち事柄ことがらかぎられることになりました。
私達わたくしたちはその野原のはらつらぬ細道ほそみちをどこまでもどこまでもきへいそぎました。
「でもまあほか子達こたちてやって下さい。ずいぶんきりょうしばかりでしょう? みんあ父親ちちおやそっくりじゃありませんか。不親切ふしんせつで、ちっとも私達あたしたちかえってない父親ちちおやですがね。」
「お前さんももつと世間といふものを大事にしなくつちや嘘だよ。世間を後楯にしないで私達わたしだちの舞台がいつまで続くもんぢやないんだから。」
そうでなくって、一人も乗客のりてが散らずに居りゃ、私達わっしだちだって関合かかりあいは抜けませんや。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
婆「不実と云ったって私達わっちたちのどうこうと云う訳にはきませんからさ、まことに自由にならないので」
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)