“受”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
81.5%
うけ14.8%
うく3.2%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、大空からもれるけていましたが、いつまでもひとところに、いっしょにいられるではなかったのです。
花と人の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
先生におましたの——其れから学校を卒業する、貴女は菅原様つしやる、他の人々れ方向をおになるのを見て
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
倶不戴天の親の、たまさか見付けて討たんとせしに、その仇は取り逃がし、あまつさへその身は僅少の罪に縛められて邪見のる悲しさ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
そんなものらないと私たちは思いましたが役人がまたまじめになってくなりましたからだまってりました。そして林を出ました。
二人の役人 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)