“倶不戴天”の読み方と例文
読み方割合
ぐふたいてん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
井伊と吉田、五十年前には倶不戴天の仇敵で、安政の大獄に井伊が吉田の首を斬れば、桜田の雪を紅に染めて、井伊が浪士に殺される。
謀叛論(草稿) (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
倶不戴天の親の、たまさか見付けて討たんとせしに、その仇は取り逃がし、あまつさへその身は僅少の罪に縛められて邪見のる悲しさ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
倶不戴天の敵なりとして続けられ、何月何日、某処に会合したその一人は既に斯の如き自白をして、汝もその時斯の如き言動をしたに相違がないと、其者は立派に陳述して居るではないか。
逆徒 (新字旧仮名) / 平出修(著)