謀叛論(草稿)むほんろん(そうこう)
僕は武蔵野の片隅に住んでいる。東京へ出るたびに、青山方角へ往くとすれば、必ず世田ヶ谷を通る。僕の家から約一里程行くと、街道の南手に赤松のばらばらと生えたところが見える。これは豪徳寺——井伊掃部頭直弼の墓で名高い寺である。豪徳寺から少し行くと …
作品に特徴的な語句
おおし そう おび つまず ひやや 御心おんこころ くわだて めい ふま あまり わが きょう 鬼子きし ならび 二進にっちん くわだ すさ 卿相けいしょう ひっ 抽出ぬきだ とら 最中さなか げん えみ あわ 一十いんじゅう 何故なにゆえ 分限ぶんげん しき 命乞いのちごい ずつ ゆる ことごと こいねが たび 御頷おんうなず こわ やす 悚然しょうぜん うれ あわれ ささ まこと みが ひそか いじ あお せめ 赤子せきし 重立おもだち 陥穽おとしあな 一先ひとま 一重ひとえ 事前じぜん たがい もっ 仰山ぎょうさん 俄然がぜん ぬす まった おか 凜然りんぜん 切棄きりす 初々ういうい 刹那せつな 剛骨ごうこつ 劈頭へきとう いきおい 勤王きんのう いな 吾代わがよ ただ おど ぎょう おびただ 大人おとな 大獄たいごく 大神おおかみ 大逆たいぎゃく しゅうとめ 小楯こだて 川水かわみず さいわい 弊事へいじ