“事前”の読み方と例文
読み方割合
じぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるに彼ら閣臣の事前にその企をすになからしむるほどの遠見と憂国の誠もなく、事後に局面を急転せしむる機智親切もなく
謀叛論(草稿) (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
津田の頭に二つのものが相継いでめいた。一つはこれからここへ来るその吉川夫人をく取扱わなければならないという事前暗示であった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それでこの上海へ、憂鬱な胸を抱いて、なにか気分をほぐすものはないかと、遊びに来られたのですが、私は、博士を御紹介するのがよいと思ったので、実は、ロッセ氏には事前に何にも申さないで