のろのろ砲弾の驚異のろのろほうだんのきょうい――金博士シリーズ・1――――きんはかせシリーズ・いち――
今私は、一人の客人を伴って、この上海で有名な風変りな学者、金博士の許へ、案内していくところである。 博士の住居が、どこにあるか、知っている人は、ほんの僅かである。人はよく、博士が南京路の雑鬧の中を、擦れ切った紫紺色の繍子の服に身体を包み、ひ …
作品に特徴的な語句
しゅく だん 小室しょうしつ はじ あい きわ ごと 仕掛じかけ とら ともな もっとも 小房しょうぼう きず はず もとづ 退歩たいほ 酒場さかば 中間ちゅうかん 一団いちだん 独断どくだん まば まが 暗号あんごう 紙片しへん 素破すっぱ 懐中かいちゅう うなず おのずか あや 執着しゅうちゃく 囚人しゅうじん かじ あらかじ 風速ふうそく もん かたわら とま 他愛たあい あたい 間違まちがい 鬼火おにび 驚異きょうい 熊蜂くまばち 爆撃ばくげき 片言かたこと 片隅かたすみ ねら だま ねこ 猫脊ねこぜ 生命いのち 甲鈑かんぱん 馬環ばかん まぶ 着想ちゃくそう ひとみ たしか 風変ふうがわ 一向いっこう 秘蔵ひぞう くじら 穴倉あなぐら 突込つっこ 筆紙ひっし はず つつ せき 精鋭せいえい 面持おももち 素敵すてき 面上めんじょう 雑鬧ざっとう くら 謎々なぞなぞ 讃辞さんじ 財布さいふ つらぬ 資産しさん きり 身顫みぶる 鋪道ほどう 鋪路アスファルト 迷路めいろ 邪魔じゃま 重力じゅうりょく 針金はりがね ボタン つじ