“秘蔵”のいろいろな読み方と例文
旧字:祕藏
読み方割合
ひぞう46.7%
ひさう13.3%
ひめ13.3%
かく6.7%
ひざう6.7%
ひそう6.7%
ひぞ6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おれの親方のった矢の根は、南蛮鉄でも射抜いてしまうってんで、ほうぼうの大名から何万ていう仕事がきているんだ。おれはそこの秘蔵弟子だ
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
吾が同郡旧家村山藤左ヱ門はの兄なり。此家に先代より秘蔵する亀の化石あり、ていふ、山間の土中より掘得といふ、に化石の奇品なり、弄石家
千筋百筋気は乱るとも夫おもうはただ一筋、ただ一筋の唐七糸帯は、お屋敷奉公せし叔母が紀念大切秘蔵たれど何かわん手放すを、と何やらかやらありたけ出してに包ませ
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
湖と山とに囲まれて先祖の宝が秘蔵されてある。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
はいにもしましたが、此品秘蔵でございますから、此品だけはうも売却すことが忌嫌でございますから、只今もつて麪桶りに傍離さずに使つてります。
はい……此者秘蔵な孫でございますが、松五郎お瀧の行方を探してる身の上で、此者が両親と申すものは其のお瀧松五郎ゆえに非業な死を遂げましたのは
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
大学生はしがつて、何家の子供か知らとねてみると、文科大学の内藤湖南博士が秘蔵だつたさうだ。