大仏餅。袴着の祝。新まへの盲目乞食だいぶつもち。はかまぎのいわい。しんまえのめくらこじき
このたびはソノ三題話の流行つた時分に出来ました落語で、第一が大仏餅、次が袴着の祝、乞食、と云ふ三題話を、掲載すことに致しました。 場所は山下の雁鍋の少し先に、曲る横丁がありまする。彼の辺に明治の初年ま …
作品に特徴的な語句
其時そのとき 加減かげん 板塀いたべい 為方しかた 頑是ぐわんぜ 辞儀じぎ 疼痛いたみ くすり 友誼よしみ 人品ひとがら 御存ごぞん 突当つきあた 彼是かれこれ 五歳いつゝ つが 横丁よこちやう 断念あきら 旦那様だんなさま 旗下はたもと 身分みぶん 小声こごゑ 結構けつこう 生計くらし 退引のつぴ 差出さしだ 遠州ゑんしう 慈悲なさけ 日暮ひぐれ 吾家うち 小供ばう 取出とりだ 燈明あかり 失礼しつれい 此品これ 色白いろじろ 御飯ごぜん 其後そののち 拙者てまへ 申上まうしあげ 大目だいめ 手探てさぐ 明治めいぢ 大層たいそう 恐入おそれい 仕出しだし 往昔むかし 山下やました 取寄とりよ 引寄ひきよ 生来はら 落語はなし 二重ふたへ 北風きたかぜ 摺剥すりむ 金貸かねかし 降出ふりだ 負傷けが 二重瞼ふたへまぶた 拝借はいしやく 本当ほんたう 貴方様あなたさま 御用達ごようたし 此子このこ 二度ふたつ 一軒いつけん 可愛想かあいさう 粉末こな 道具屋だうぐや 六歳むツつ 標札へうさつ 縄張なはば 効能かうのう つゑ 袴着はかまぎ 売買ばいかひ 当時いま 大変たいへん 俄盲目にはかめくら 士族しぞく 姓名なまへ 𢌞めぐ 前様まへさん 賓客きやく 宗匠そうしやう 掲載 我意だだ 古手拭ふるてぬぐひ 徒士町かちまち 御身分ごみぶん 此通このとほ 泣声なきごゑ 汚穢きたな 薄茶うす 出格子でがうし 無宿者やどなし 茶人ちやじん 金兵衛きんべゑ 片付かたづ