大仏餅。袴着の祝。新まへの盲目乞食だいぶつもち。はかまぎのいわい。しんまえのめくらこじき
このたびはソノ三題話の流行つた時分に出来ました落語で、第一が大仏餅、次が袴着の祝、乞食、と云ふ三題話を、掲載すことに致しました。 場所は山下の雁鍋の少し先に、曲る横丁がありまする。彼の辺に明治の初年まで遺つて居つた、大仏餅と云ふ餅屋がありま …
作品に特徴的な語句
邂逅あひ 此家 ところ おつし がは たべ 父親おや きさま 子供ばう のめ あが 拙者てまへ 挙動やうす 前様まへさん 六歳むツつ 賓客きやく 有難はひはほ もひ でふ うへ 強請ねだり いたは 二度ふたつ 残余のこ たい 退引のつぴ 襤褸すぼろ 申上まうしあげ まう 生来はら とつ 秘蔵ひざう まへ 残余あま 此家うち 売買ばいかひ しよ 我意だだ 不味つまら 己等おれたち かは 仕出しだし 料理もの 左様さやう 申上まうしあ あづか 当時いま 効能かうのう かへ あひだ 突飛つきと 此方こつち はう 細竹ほそたけ 家宅ところ 其処それ 此処これ せなか とほ 子供こぞう かは 茶受ちやう 茶道ちや 斯様かやう 住宅すまひ 汚穢きたな はづ ぷく 御飯ごぜん 新入しんまい 扮装なり うけたま 大目だいめ こゑ 場所ところ さす 始終しじう 幾歳いくさい 姓名なまへ ばう