“幾歳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いくつ88.7%
いくとせ7.0%
いくさい4.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それはもう幾歳になつたから親に別れて可いと理窟はありませんけれど、か慰むるに足ると、まあ、思召さなければなりません
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
『カッフェエ・ロリアン』にて恥かしき目にあひけるとき、救ひ玉はりし君をまた見むとおもふ心を命にて、幾歳をか経にけむ。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
それが出身學校なのです、四十幾歳屈強體躯をした校長大島氏は、四五教員相手に二百餘人生徒教鞭つてられます。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)