日の出ひので
某法學士洋行の送別會が芝山内の紅葉館に開かれ、會の散じたのは夜の八時頃でもあらうか。其崩が七八名、京橋區彌左衞門町の同好倶樂部に落合つたことがある。 小介川文學士が伴ふて來た一人の男を除いては皆な此倶樂部の會員で、其の一人はオックスホード大 …
作品に特徴的な語句
なし はひり たづね ゐる かは おは 御座ござり きはま あつ みち 容貌かほつき 目標もくへう しひ いる あつ とぢ こん つが かれ 微笑びせう みづ かゞ 寂寞じやくばく うま しま あげ うた くわい すつ 教訓けふくん 出入しゆつにふ 如何どん とふ 一同いつしよ わい いれ そま 鬱々ふさい をは うへ もた さが いた うつ 老母らうぼ いつゝ わけ ちひさ ゆき 見當みあたら ひとつ あら まう かた 一日いちじつ たつ おさ もつ かい いだ はぢ かん 使者しゝや まへ 躍出をどりいで すこし 十分じふゞん るゐ 名稱なのら かはり おぼえ げん おほ 嘲笑あざけり さい ちゝ のぞ あひだ ろく 重役ぢゆうやく たつ とほ いで 蹲居うづくま おき まけ あぢ 所謂いはゆ 書籍しよせき じつ 紹介せうかい うる