日の出ひので
某法學士洋行の送別會が芝山内の紅葉館に開かれ、會の散じたのは夜の八時頃でもあらうか。其崩が七八名、京橋區彌左衞門町の同好倶樂部に落合つたことがある。 小介川文學士が伴ふて來た一人の男を除いては皆な此倶 …
作品に特徴的な語句
面長おもなが 石垣いしがき 浮世うきよ 美事みごと のこ 一室いつしつ 場合ばあひ 決心けつしん 人影じんえい 窮屈きゆうくつ 人物じんぶつ 三人さんにん 月日つきひ 平凡へいぼん おく 粗末そまつ 彼是かれこれ だま 屋敷やしき 金目かねめ 足音あしおと 其他そのほか 手紙てがみ 海岸かいがん 岩角いはかど 其人そのひと 屈強くつきやう 有之これあり 東雲しのゝめ くに 波間なみま れい 三田みた 樣子やうす 毎年まいねん 毎晩まいばん 其日そのひ 受取うけと 達者たつしや みだ 感謝かんしや 野路のみち さま 眞面目まじめ 此等これら 依然いぜん 小高こだか 野菜やさい 御覽ごらん 口調くてう 一呼吸ひといき 一年いちねん 義務ぎむ 薫陶くんたう 議論ぎろん 豪傑がうけつ 平伏へいふく みちび 幾分いくぶん 鬱々ふさい 一生涯いつしやうがい 其頃そのころ 大變たいへん とみ 新聞しんぶん 薄暗うすぐら 奇妙きめう 百姓ひやくしやう 一心いつしん 眞黒まつくろ 目出度めでた 若者わかもの 一番いちばん 自殺じさつ 紳士しんし 其中そのうち たまご 一生懸命いつしやうけんめい 妻子さいし 一夕いつせき 同意どうい 毒瓦斯どくがす 話頭わとう 運動場うんどうば つが 松林まつばやし 此事このこと 海原うなばら 洋服やうふく まめ 毎朝まいあさ かい いつゝ 勿體もつたい 文明ぶんめい 當然たうぜん 相成あひな 以上いじやう 材木ざいもく