“刷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
66.9%
18.2%
ずり5.0%
すり4.1%
0.8%
かいつくろ0.8%
0.8%
さつ0.8%
すつ0.8%
0.8%
はけ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
汽車に連るる、野も、畑も、も、薄にの木の葉も、紫めた野末の霧も、霧をいた山々も、皆く人の背景であった。
革鞄の怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ふところからり物の紙をだして、よくひとりへ一枚ずつくばってあたえる。見ると、なるほど、子供がしがりそうな美しい刷り物。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
改造だの青磁社だのまだ出来上らないサルトルの飜訳のゲラだの原稿だの飛び上るような部厚な奴を届けてあくまで読めという。
余はベンメイす (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
すると其時夕刊の紙面に落ちてゐた外光が、突然電燈の光に変つて、の悪い何欄かの活字が意外な位に私の眼の前へ浮んで来た。
蜜柑 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
背皮に黄金の文字をした洋綴書籍が、ぎしりと並んで、としてき光を放つ。
貴婦人 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
の羽もいぬはつしぐれ
映画時代 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
秋もけ、十月も半ばをすぎると、相模の山々の漆やぬるでに朱がし、月のない夜闇がひとしお色濃く感じられるようになった。
うすゆき抄 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
急に再び兵を発して長駆追ってみたが、すでに蜀軍の通ったあとにはとして一の横雲が山野をひいているのみだった。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
先日倫敦友人から『世界名畫』として、隨分巧妙てあるのを二十ばかりつてれたがね、それは如何だらうかとふのだ。』
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
品も新らしいように奇麗で、みんな初版りだったから、表紙絵の色りも美事だった。
が一、帯のようになすり付けられて、その靄からぬけ出したサンタ・マリヤの塔が、蜃気楼でも眺めるよう。
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)