貴婦人きふじん
番茶を焙じるらしい、いゝ香気が、真夜中とも思ふ頃芬としたので、うと/\としたやうだつた沢は、はつきりと目が覚めた。 随分遙々の旅だつたけれども、時計と云ふものを持たないので、何時頃か、其は分らぬ。尤も村里を遠く離れた峠の宿で、鐘の声など聞え …
作品に特徴的な語句
ごわ みち ひややか かわ 光景ようす さみ 多日ひさしく やぶれ かか やあ わらい とこ しま 一寸ちょいと 一時ひとしきり 心持ここち 矢張やっぱ おく から ぬき ほっそ こうべ 紅玉こうぎょく 茶店ちゃや おおき つめた あかる じゅ なま くぎ そぞ 相応そぐ 旅客りょかく しん 真個まったく 黄金おうごん せな さわやか とまり かしこま あが おもい 上端あがりばな 中絶なかだ けぶり なり ふっ じょう 退引のっぴ かんばせ ほのめ さかさ とう とお あわれ かげ 破目やれめ すずし 炉辺ろべり めん わき 峠越とうげごえ 充満みちみち 新道しんどう 旧道ふるみち それ 接吻キッス ことづ やっ 翌日あす ぜん これ わか 立籠たてこ 此方こっち 山霧やまぎり 折敷おりし よる 戸外おもて 宛然まるで にぎや 突通つきとお 蘇生よみがえ 某君なにがしぎみ 行燈あんどう 悄然しょんぼり なり 美人たおやめ