“装”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
よそお40.4%
なり24.3%
よそおい7.3%
6.7%
よそ4.6%
よそほ4.3%
つく3.6%
1.5%
よそほひ1.2%
いでたち0.9%
かざ0.6%
こしら0.6%
みなり0.6%
つくろ0.3%
いで0.3%
かざり0.3%
しつ0.3%
そう0.3%
0.3%
づくり0.3%
めし0.3%
よさ0.3%
よそい0.3%
よそひ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わしはあの優雅の言葉がも一度聞きたい。あの殿上人礼容ただしい衣冠と、そして美しい上﨟のよいいがも一度見たい。
俊寛 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
は南部の藍万の小袖に、黄八丈の下着に茶献上の帯に黒羽二重の羽織で、至極まじめのこしらえでございまして、障子戸の外から
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
天衣、瓔珞のおんでなくても、かかる場面へ、だしぬけの振袖は、狐の花嫁よりも、人界に遠いもののごとく、一層人を驚かす。
真の夜泣松は、汽車から来る客たちのこの町へ入る本道に、古い石橋の際に土をあわれにって、石地蔵が、苔蒸し、且つ砕けて十三体。
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
で、彼は、つとめて平気をおうとして、非常に苦しんだ。それは、彼が負けぎらいな性質であるだけに、一層不愉快なことだった。
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
は、大巌しくつて、陰惨冥々たる樹立は、露呈に、天井ふ——こゝの椅子は、横倒れの朽木であつた。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
黒紋つきにあられ小紋の、つづく安積玄心斎、脇本門之丞谷大八等……みんな同じりで、正式の婿入り行列、にわかのお立ちです。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
私が訳し終ると太子をはじめ三人は改めて感謝の瞳を昔知事市長だったらしくもないこの妙なりをした大入道の老人に注いでいたが
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
女扇の竹青きに紫の珠を鏤めたらん姿して、日に日にる、草菖蒲といふなりとぞ。よし何にてもあれ、我がいとほしのものかな。
草あやめ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
お定まりの登山綱氷斧角灯などという小道具もさることながら一行のというものははなはだもって四分滅裂。
いずれも一寸の三十三、八分の珠百五粒、紅宝玉三十さ鶴の卵、粒を揃えて、これは碧瑪瑙の盆にり、緑宝玉、三百顆、孔雀の尾の渦巻の数に合せ、紫の瑠璃の台
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
嫌味のない棒ステッキ、毛皮のトンビに白の繻子足袋、ま新しい正の日和下駄、と云った一分の隙もないえを与えられ、愈々目的の家に向って、その不思議な使命を果すために
自殺を買う話 (新字新仮名) / 橋本五郎(著)
其多くは学生のをして居た。労働者らしい人も多かつた。牛込の富久町から日比谷にかけての道筋、裁判所の構内には沢山の警官が配置され、赤い帽子の憲兵の姿も交つてゐた。
逆徒 (新字旧仮名) / 平出修(著)
とは言ふものゝ、何気ない様子をつて、自分は座蒲団を敷いて座り、客には白い毛布を四つ畳みにしてめた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
はいって見ると、赤井は裸の体にボール紙の鎧をつけ、兜を被って、如何にも虎退治らしい立だった。竹藪が装置してあった。
青春の逆説 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
身のも衣裳の染色模様なども目に立たぬようにして唯我身に応じたるを用う可しと言う。質素を主として家の貧富に従うの意ならん。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
南の御殿の西の離れ座敷に賀をお受けになる院のお席が作られたのである。屏風壁代の幕も皆新しい物でらわれた。形式をたいそうにせず院の御座に椅子は立てなかった。
源氏物語:34 若菜(上) (新字新仮名) / 紫式部(著)
看板通りの異国情調に富んだ舞台面で、出て来る人物も、皆西洋人臭いふんをしていた。僕は思った、「これは素敵だ、流石にRはいいものを見せてれた」
百面相役者 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「おけ申しましょう、」と艶麗に云う。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しかもっていたのを、ちょうど私のに居合わせた、これはまた土用中、酷暑のを御勉強な、かたぎの本場らしい芸妓を連れた、目立たない洋服の男が居て、色親仁ながら
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「失礼ですけど、そのお、結構な色目ですことね」
ユモレスク (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
岩穴に入りてる、衆初めて其伏流なるをり之をとす、山霊して尚一行をくの意乎、将又れに利根水源の深奥るべからざるをふの意乎、此日の午後尾瀬がるの途中
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
港にはましろき船いくつ夏はさやかに雲流れ見ゆ
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)