“日和下駄”の読み方と例文
読み方割合
ひよりげた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
出し半合羽日和下駄にて浅草山宿辺住居より木挽町楽屋へ通ひ衣裳大小の道具帳を書きまた番附表看板の下絵を綺麗に書く。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
白足袋でない鼠足袋というのを穿き、上汐の河流れを救って来たような日和下駄で小包をげ、黒の山岡頭巾を被って居ります。
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
微笑と共に、彦兵衛は規則正しく雷のような音の響いてくる納戸の方をちらと見返りながら歪んだ日和下駄の上へ降り立った。