書かでもの記かかでものき
身をせめて深く懺悔するといふにもあらず、唯臆面もなく身の耻とすべきことどもみだりに書きしるして、或時は閲歴を語ると号し、或時は思出をつづるなんぞと称へて文を売り酒沽ふ道に馴れしより、われ既にわが身の上の事としいへば、古き日記のきれはしと共に …
作品に特徴的な語句
まじえ はずれ ごとく うけたまわり たずぬ こゆ もうす うとん 種々しゅじゅ うち えい づき こころ 紐育ニュウヨウク わざわい とこしえ ゆるし とめ きき いづ きょ すなわち たこ はん そぞ 退しりぞ ただち おく いだ つかさど かかえ 和郎かずお まず 御心おこころ よう 河上かじょう いたす 身上みのうえ ことな はこび とおざ こい 往復ゆきき たゆ 言出いいい 薄衣うすごろも ふれ あまり むき 維納ウィンナ さなが 客舎きゃくしゃ 何人なんびと およぼ 口授こうじゅ 小本こぼん 巻莨まきタバコ 卓子テイブル いたし 刺客せっかく 翌年あくるとし 引返ひきかえ むこう 白金しろかね 語出かたりいだ 一日いちにち ほとんど だい 燈火とうか ならび 最早もは 申来もうしきた 乙羽いつう あん 白楊はくよう 素破すば 相図あいはか ぞんじ 紅葉こうよう 如何いかが したがっ たわむれ 御含おんふく いざな しつ いえ そと おおい さい 寡言かげん みだり 小庭こにわ ばば