“往復”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わうふく22.0%
おうふく22.0%
ゆきかえり17.1%
ゆきき9.8%
ゆきかえ7.3%
いきかえり4.9%
やりとり4.9%
いきけえ2.4%
とりやり2.4%
ゆきかへ2.4%
ゆきかへり2.4%
ゆきかよひ2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
湯治幾日往復旅錢と、切詰めた懷中だし、あひりませうならば、のうちに修善寺まで引返して、一旅籠かすりたい。
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
線路修繕されて、やがて列車は、いままでのように往復するようになりました。そのになって、ふたたびじような事件されました。
白い影 (新字新仮名) / 小川未明(著)
独逸語の先生のところへの往復、この飾窓の前に立つ十五分ぐらいの時間が、長い間、キャラコさんのひそかな楽しみになっていた。
日比谷には公園いまだ成らず銀座通には鉄道馬車の往復せし頃尾張町四角今ライオン珈琲店あるには朝野新聞中央新聞毎日新聞なぞありけり。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
柿色の暖簾に、造花の桜の出しが軒に懸けつらねられ、観客の子女や、食物を運ぶ男衆が絡繹としていたのを、学校の往復りに見たものであった。
挿話 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
この荷物のゴチャゴチャした中で、お雪は往復の旅を混合ぜて夫に話した。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
近年ほんの一月に一度か、二月に三度ぐらいしか手紙の往復をしなかったものだが、去年の秋私一人になった当座は殆ど二日置きくらいに母と兄とに交る/″\手紙を遣った。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
「のう、彦、大の男がこの界隈から一時あまりで往復りのできる丑寅の方と言やあ、ま、どの辺だろうのう?」
人の紹介で逢つて見たことも有るし、今歳になつて二三度手紙の往復もしたので、幾分か互ひの心情は通じた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
うしたのですと訊くと、今日は北野へ参詣の例日だが、雨が降るもんだからかうして北野へ往復りするだけの足数を踏んでゐるのだと言つた。
……いただけで。えたのは……そんな、そ、そんなしからん場所ではない。往復野路山道と、市中も、まはりの神社佛閣ばかり。だが一寸こゝに自讚したいがある。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
聞より其寶澤の身の上こそ不審なりと思ひ其寶澤と云は常々お三の所へ往復致せしかと尋るに如何にも寶澤はにお三婆の所へ參りに相果候にてはり候へば其日寶澤は師匠より
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)