いえ02 (下)02 (げ)
橋本の正太は、叔父を訪ねようとして、両側に樹木の多い郊外の道路へ出た。 叔父の家は広い植木屋の地内で、金目垣一つ隔てて、直にその道路へ接したような位置にある。垣根の側には、細い乾いた溝がある。人通りの …
作品に特徴的な語句
活々いきいき 土瓶どびん 気魄きはく 燭台しょくだい びん 美濃みの 長火鉢ながひばち 稲妻いなずま 見馴みな 諏訪すわ 石垣いしがき 煙草盆たばこぼん ひえ 御褒美ごほうび 凋落ちょうらく 短冊たんざく 馴々なれなれ 釣竿つりざお 反物たんもの 吾妻橋あずまばし 淋漓りんり 手蔓てづる 百日紅さるすべり すし 武蔵野むさしの 縁日えんにち 禰宜ねぎ 黄昏時たそがれどき 慷慨こうがい 可懐なつか びた 宛名あてな 蒲鉾かまぼこ 丹精たんせい 思惑おもわく 咳払せきばらい 芥子けし 沮喪そそう 浪華なにわ 隅田川すみだがわ 苔蒸こけむ 蹉跌つまずき 一歩ひとあし 齷齪あくせく 奥床おくゆか 水嵩みずかさ 猶更なおさら 疼痛いたみ 読経どきょう つとむ 風貌ふうぼう くど 御存ごぞんじ 碇泊ていはく 眺望ながめ 口唇くちびる 居睡いねむり 土器かわらけ しめ 常磐津ときわず 手持無沙汰てもちぶさた 銷沈しょうちん 真平まっぴら 苦痛くるしみ 隅々すみずみ 大欠伸おおあくび てすり 折柄おりから 焦々いらいら 遊蕩ゆうとう 半歳はんとし 苛酷ひど 馬丁べっとう 蛞蝓なめくじ 涅槃ねはん 鰹節かつおぶし 五歳いつつ 草鞋穿わらじばき なら 駒形こまがた 沈着おちつ 頬張ほおば 襷掛たすきがけ 喀血かっけつ 隣室となり 起上たちあが 樺太からふと 沈鬱ちんうつ 経師屋きょうじや すそ 駈出かけだ 世帯しょたい 黒縮緬くろちりめん 襟巻えりまき くら 浅猿あさま 何等なん 吩咐いいつ 此頃こないだ 中年増ちゅうどしま
題名が同じ作品
家:01 (上) (新字新仮名)島崎藤村 (著)
(旧字旧仮名)長谷川時雨 (著)