いえ02 (下)02 (げ)
橋本の正太は、叔父を訪ねようとして、両側に樹木の多い郊外の道路へ出た。 叔父の家は広い植木屋の地内で、金目垣一つ隔てて、直にその道路へ接したような位置にある。垣根の側には、細い乾いた溝がある。人通りの少い、真空のように静かな初夏の昼過で、荷 …
作品に特徴的な語句
おしまい わから みさお まぎらわ むけ 老婆ばあや ふるわ つッつ はず 容貌おもばせ すず さが 往来いきき まし とっく でき 平常しょっちゅう 繊細ほそ ふけ ほと みのる うれ しみ じか 微笑えみ はな こご 柔軟かよわ ゆす 混合とりま おん 卜者えきしゃ 父親おとっ 全然まるっきり 往時もと あが 紛糾こんがらか ほじ ところ えだ 何等なん しょ ふか 可傷いたわ 何処どちら 老婆ばあさん 往復いきかえり たか もど 蕭々しとしと はな ふや かか いつ 破壊ぶちこわ 過去うしろ あと たった わずらわ とぼ きちがい おっしゃ 入来いら 老爺おじい 僧侶ぼうさん しまい きり 前掛まいか おまけ とこ 護符まもりふだ 的確たしか たもと 成長しとな 懊悩なやま 不可いけない さす 奈何いかが 日中ひるなか あた かわ 服装なりふり づか 通過とおりこ べか くや 平素しょっちゅう のぶ 奇異きたい 背負おぶ なつか 臥床とこ
題名が同じ作品
家:01 (上) (新字新仮名)島崎藤村 (著)
(旧字旧仮名)長谷川時雨 (著)