“何事”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なにごと81.5%
なんに6.7%
なに5.9%
なん1.7%
なんごと1.7%
なにこと0.8%
なにごっ0.8%
なにごとか0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
牛丸平太郎が、りあがってよろこんでいる姿を見つけて少年探偵団の、小玉、横光、田畑の三君が、何事ならんとかけつけてきた。
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
何事も知らずに世の中へ出て来た私を仮りに生徒とすれば、その少年の生徒の前へ来て種々なことを教へて呉れた教師が誰だつたか
(新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
何事? ……うしたの? ……何うしたの?」と、気にして聞く。私は、失敗った! と、穴にも入りたい心地をめて隠して
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
「ところがそうで無いらしいから困るテ……豊世もあれで、森彦叔父さんなら何事でも話せるが、どうも三吉叔父さんは気遣いだなんて言ってる」
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
お八代さんは窓から、中の様子をジッと見まわしておりましたが「お前はそこで何事しおるとな」と落付いた声で尋ねました。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
自分は空鳴という事を経験した事がなかったので、これが俗にいう、琴の空鳴というものだろうと思ったが、それなり演奏の疲労れで何事もなくてしまった、翌朝に目を覚まして泣菫氏にも
二面の箏 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)
こん畜生め、暮れの飯米もねいのに、博打ぶちたあ何事たって、どなったまではよかったけど、そら眼真暗だから親父と思ってしがみついたのがその親分の定公であったとさ。
隣の嫁 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
なんでも出来ると思う、精神一到何事不成というような事を、事実と思っている。意気天をく。怒髪天をつく。として日月云々という如き、こういうを古人はに用いた。
教育と文芸 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)