いぬ
此節私はよく行く小さな洋食屋がある。あそこの鯛ちり、こゝの蜆汁、といふ風によく猟つて歩いた私は大きな飲食店などにも飽き果てゝ、その薄汚い町中の洋食屋に我儘の言へる隠れ家を見つけて置いた。青く塗つた窓際には夏からあるレエスの色の褪めたのが掛つ …
作品に特徴的な語句
からし ふさは さき なら とゞ うち 眼前めのまへ 皺枯しやが 家中うちぢゆう こまか 微笑ほゝゑ 悪寒をかん 何卒どうか 今日けふ 昨日きのふ たひ こす たらひ すぐ 石鹸シャボン きたな 蜆汁しゞみじる わび 雑巾ざふきん 静止じつと 馴染なじ 我儘わがまゝ いと 可恐おそろ すゝ 失策しくじり 前垂まへだれ なか 其様そん 怜悧りこう ゆびさ 何事なんに なま 下婢かひ 肉差にくさし 食卓テーブル ためし 見倣みなら そば そば 調戯からか 身体からだ 入物いれもの 光沢つや かま たか ちん 慇懃いんぎん 暖簾のれん 最早もはや 気立きだて 汚点しみ 溝板どぶいた めす 牡蠣かき さじ 独語ひとりごと あさ びん よし 平素ふだん 屋外そと うち
題名が同じ作品
(新字新仮名)正岡子規 (著)
(新字新仮名)三遊亭金馬 (著)
(新字旧仮名)正岡子規 (著)
(新字旧仮名)田山録弥 田山花袋 (著)