“鯛”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たい83.9%
たひ10.8%
だい3.2%
たえ1.1%
てえ1.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鯛”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 釣魚 遊猟4.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 戯曲1.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その間にねむっていたたいのようなかたちをした魚の群が、とつぜん、まぶしいあかりにあって、あわてておよぎはじめました。
豆潜水艇の行方 (新字新仮名) / 海野十三(著)
一、たい白子しらこ粟子あわこよりも遥かにうまし。しかも世人この味を解せざるために白子は価廉に粟子は貴し。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
それで魚屋がまないたの上でかつをたひを切るやうに、彼は解剖臺の屍體に刀を下すのであツた。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
たひはなさともあれど、にしん北海ほつかい浜辺はまべ
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
明石あかしだい千籠、蛛蛸くもだこ三千連、御太刀幾振、野里鋳物のざといもの種々くさぐさなどと――その数も品目の多いことも
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここでつった魚は、イソマグロ、カツオ、カマス、シイラ、赤まつだい、白鯛、ヒラカツオ、カメアジなど、多くの種類で、ときどきは、長さ二メートル、太さ人間の足ほどもある海蛇や、尾のなかほどに毒針のある、アカエイも、つり針にかかった。
無人島に生きる十六人 (新字新仮名) / 須川邦彦(著)
婆「たえ鶏卵たまごつゆがあるがね」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「田舎ものめ、河野の邸へ鞍替くらがえしろ、朝飯にぎゅうはあっても、てえの目を食った犬は昔から江戸にゃ無えんだ。」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
これが嘘なら、わっしてえ場違ばちげえだ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)