“鰤”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぶり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
政「ぬるいからおあがり、お夜食は未だゞろうね、大澤おおさわさんから戴いたぶりが味噌漬にしてあるから、それで一膳おたべよ」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ぶりの切り身より塩鮭のほうが高価ときては、この点の頭の切り換えだけが、いまだにどうしても私にはつかない。
わが寄席青春録 (新字新仮名) / 正岡容(著)