“鰊”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
にしん97.4%
ニシン2.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鰊”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.6%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「では何を……。あ、そうそう、カムチャッカでやっとります燻製くんせいにしんに燻製のさけは、いかがさまで……」
したをピリヽと刺戟しげきする、ぬか漬込つけこんだにしん……にしたしんでたのと一所いつしよ
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
大きいビア樽のようなものに入って、塩漬キューリと並び、燻製ニシンの下にあるのが普通の光景です。