生まれいずる悩みうまれいずるなやみ
私は自分の仕事を神聖なものにしようとしていた。ねじ曲がろうとする自分の心をひっぱたいて、できるだけ伸び伸びしたまっすぐな明るい世界に出て、そこに自分の芸術の宮殿を築き上げようともがいていた。それは私にとってどれほど喜ばしい事だったろう。と同 …
作品に特徴的な語句
もや ふと うぶ たけ むごた 幻覚ハルシネーション うわ オソ 先駆はしり 腕力うでぢから そびら 敏捷すばや 人様ふとさま 画帖ガジョウ ぽね りょう 婆様ばさま 明暗キャロスキュロ 人聞ふとぎ もっこ あん こお 柾葺まさぶ いや 参宿オライオン へり おっと 鉄環かなわ ふなべり 文鎮おもし あか 春立はるだ こす しな うすず 木本きもと 木節きぶし ほぞ 群来くけ いそが かど 強奪ふんだく さち えん たっと へだた おど 山脚やまあし 小休おや 邂逅めぐりあ 浮標うき 浸水あか 大蛇だいじゃ 企図たくらみ 潮騒しおざい 痩地やせじ 灰汁あくじる ふう いぶ 飛沫ひまつ はしゃ 吹雪ふぶ 出来でき 片頬かたほお こいし 陥穽おとしあな ましら さび 両脛りょうすね つく 渦巻うずまき 前脚まえあし あたた 塊的マッス 塵埃じんあい 亡骸むくろ つら 膝頭ひざがしら まく しま