“両脛”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
りょうはぎ44.4%
りょうすね33.3%
りょうずね22.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“両脛”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と、立て膝をして両脛りょうはぎを八の字に蹈ん張っているナオミの足の、一方は浜田の鼻先に、一方は私の鼻先にあるのです。
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
いや、そう云う内にも水嵩みずかさますます高くなって、今ではとうとう両脛りょうはぎさえも、川波の下に没してしまった。
尾生の信 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「それでお鈴という女は、あんたのその男と一緒ですかね。」笹村は壁に倚りかかりながら、立てた両脛りょうすねを両手で抱えていた。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
あらわな両脛りょうすねは赤くかじかんでほっそりしていた。
そのひづめの音へ、がたッと戸を閉め、こんどは持ち前の両脛りょうずねで、飛ぶが如く——というのも大げさだが、何しても身軽そうな迅足はやあしで、南巨摩みなみこまの山地へいそいで行った。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その辺は支那の豆腐やら、肉饅頭にくまんじゅうやら、豆素麺まめそうめんなどを売るきたない店の隙間すきまなく並んでいる所であったが、黒い頭のかたまった下をのぞくと、六十ばかりの爺さんが大地に腰をえて、両脛りょうずねを折ったなり前の方へ出していた。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)