“蹄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひづめ91.3%
ひずめ5.2%
つめ2.3%
てい0.6%
わな0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
馬は、重荷のために後退りするのを防ごうとして、にこめた満身の力でふるえながら、脚をひろげ、鼻息をふうふうませている。
乞食 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
四つのを火と熱せさせるこの言葉は、ラ・フォンテーヌの次のみごとな詩句を全部一つのいかめしい擬声語につづめたものである。
律法なきに非ず、されど手をこれにつくる者は誰ぞや、一人だになし、これに立つ牧者むことをうれどもその分れざればなり 九七—九九
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
双方の駒はを噛んで、いななき立ち、一上一下、剣閃槍光のはためく下に、駒の八は砂塵を蹴上げ、鞍上の人は雷喝を発し、勝負は容易につきそうもなかった。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
此鏡は天道さまよりにも/\へおかるれどもざればてらさずと、われかりし時ある経学者しと、狐のにつけ大学のにかけて風諫せしは