“蹄音”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あしおと33.3%
つまおと33.3%
ていおん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蹄音”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
主人の声を合図にして、忽ち聞こゆる物音は貝鐘太鼓鬨の声! 軍馬の蹄音あしおとガッガッとして、大軍一時に寄せる気配!
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
護謨輪ごむわは少しも音を立てず、聴く物はたゞ馬の蹄音つまおとばかりである。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
そこへ蹄音ていおん高く、お新を抱いて馳せつける佐々木
新訂雲母阪 (新字新仮名) / 直木三十五(著)