レ・ミゼラブル07 第四部 叙情詩と叙事詩 プリューメ街の恋歌とサン・ドゥニ街の戦歌07 だいよんぶ じょじょうしとじょじし プリューメがいのこいうたとサン・ドゥニがいのせんか
一八三一年と一八三二年とは、七月革命に直接関係ある年で、史上最も特殊な最も驚くべき時期の一つである。この二年は、その前後の時期の間にあたかも二つの山のごとくそびえている。革命の壮観があり、断崖が見えている。社会的集団、文明の地層、重畳し粘着 …
作品に特徴的な語句
ぶえ どよ いわお おんな ポトー やつ 退しざ ちっ あべ 巡査おわまり あま づえ きび 薔薇ローズ 泥濘どろ おっぱい いら よぎ かお たま 鉄屑てつくづ あれ ひつぎ 退さが 辻占つじうらな うら 跛者はしゃ つかま たゆ 赤児ねんねえ 接吻キス かけ おこ 一時ひととき 襟飾えりかざ いや あい 眩暈げんうん 塵芥じんかい きび 溢出いっしゅつ 天使エンゼル もと おっと わし つの むな かご 帷帳いちょう オレンジ やっこ 老耄おいぼ 逡巡しりごみ 退 のが 臥床がしょう 雛僧ひなそう 小樽こだる 撥条ぜんまい 蒼空そうくう すぐ 蒼天あおぞら てい とびら ゆか かど ひさし さち きれ 巡査おまわり いい よつ かたま 鉄柵てつさく 塵芥ごみ 大鞄おおかばん 失策しくじり 邸宅ていたく 女王クイーン から 赫々かっかく ひずめ 寡婦かふ 寂然せきぜん 宴楽うたげ こび たえ
題名が同じ作品
レ・ミゼラブル:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)
レ・ミゼラブル:03 序 (新字新仮名)ヴィクトル・ユゴー (著)