レ・ミゼラブル07 第四部 叙情詩と叙事詩 プリューメ街の恋歌とサン・ドゥニ街の戦歌07 だいよんぶ じょじょうしとじょじし プリューメがいのこいうたとサン・ドゥニがいのせんか
一八三一年と一八三二年とは、七月革命に直接関係ある年で、史上最も特殊な最も驚くべき時期の一つである。この二年は、その前後の時期の間にあたかも二つの山のごとくそびえている。革命の壮観があり、断崖が見えて …
作品に特徴的な語句
一抹いちまつ 小母おば ほろ 緻密ちみつ 対峙たいじ 牡蠣かき 鍛冶屋かじや 離室はなれ にれ たが 公達きんだち たこ 坩堝るつぼ 断乎だんこ 凋落ちょうらく 峻烈しゅんれつ 金槌かなづち 拳固げんこ 夕闇ゆうやみ 開闢かいびゃく 袖口そでぐち 貪婪どんらん もも 波瀾はらん あぶみ 黴菌ばいきん 謀叛むほん 峻厳しゅんげん 鞭撻べんたつ 板塀いたべい 梶棒かじぼう 母家おもや 喊声かんせい 膏薬こうやく くさび 腹癒はらい 蜜蜂みつばち ぬか 生木なまき 凄惨せいさん はく 茫漠ぼうばく 牢屋ろうや 八百屋やおや 困憊こんぱい そら 土堤どて 息吹いぶき 石膏せっこう 幸先さいさき 彗星すいせい 些事さじ 呼鈴ベル 鎧戸よろいど 頭蓋骨ずがいこつ 経帷子きょうかたびら 轟然ごうぜん 一叢ひとむら 凡庸ぼんよう 張子はりこ 烏合うごう 絨毯じゅうたん 闇夜やみよ 小唄こうた 愚昧ぐまい 蹉跌さてつ 遁走とんそう 閃光せんこう 衣桁いこう 夢現ゆめうつつ 燐光りんこう 顫動せんどう 一揆いっき 台辞せりふ 嫉視しっし 海嘯つなみ 陋劣ろうれつ 甲羅こうら 伝播でんぱ 昏迷こんめい せり 畸形きけい 縊死いし 放恣ほうし 暴戻ぼうれい 欺瞞ぎまん 漆喰しっくい 老耄おいぼ 荊棘いばら 瞥見べっけん 枕辺まくらべ 惹起じゃっき 炬火たいまつ ろう 畏敬いけい 花卉かき 銷沈しょうちん 鳥籠とりかご しゃく
題名が同じ作品
レ・ミゼラブル:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)
レ・ミゼラブル:03 序 (新字新仮名)ヴィクトル・ユゴー (著)