レ・ミゼラブル05 第二部 コゼット05 だいにぶ コゼット
一八六一年五月のある麗しい朝、一人の旅人、すなわちこの物語の著者は、ニヴェルからやってきてラ・ユルプの方へ向かっていた。彼は徒歩で、両側に並み木の並んでる石畳の広い街道を進んでいった。街道は立ち並んで …
作品に特徴的な語句
対峙たいじ 愚弄ぐろう 燭台しょくだい 香具師やし 有頂天うちょうてん たが にれ 金槌かなづち 袖口そでぐち 寵愛ちょうあい 沙漠さばく 芝生しばふ 喊声かんせい 混沌こんとん 律義りちぎ 殲滅せんめつ 見窄みすぼ 蛆虫うじむし 蜜蜂みつばち 土堤どて 夕靄ゆうもや 塹壕ざんごう わく 洗濯せんたく 牢屋ろうや 敷衍ふえん 茫漠ぼうばく 襟首えりくび 近衛このえ 八百屋やおや 凄惨せいさん 息吹いぶ 見栄みえ 貪欲どんよく 頭蓋骨ずがいこつ 些事さじ 俯瞰ふかん 経帷子きょうかたびら 鎧戸よろいど 絨毯じゅうたん なし 伽羅きゃら 闖入者ちんにゅうしゃ 愚昧ぐまい 生唾なまつば 遁走とんそう 強靱きょうじん 怯懦きょうだ 剃髪ていはつ 瓦解がかい 破風はふ 陋劣ろうれつ さめ 欺瞞ぎまん 荒唐無稽こうとうむけい 蝶番ちょうつがい よろい 畏敬いけい 猥褻わいせつ いや きん くびき 瞥見べっけん 供奉ぐぶ 枕辺まくらべ しゃく ホップ 覚醒かくせい 金箔きんぱく あがな 咆哮ほうこう 瞑想めいそう 謬見びゅうけん 波濤はとう 樟脳しょうのう 玉葱たまねぎ 苛酷かこく 蛇足だそく 起臥きが 擯斥ひんせき 巡邏じゅんら 慓悍ひょうかん 緋色ひいろ びょう 黒檀こくたん 有明ありあけ 気取けど 鉋屑かんなくず 酩酊めいてい 床板ゆかいた いぼ 偵察ていさつ 広漠こうばく 抜擢ばってき 擾乱じょうらん 弛緩しかん 廃墟はいきょ 馬蹄ばてい ひいらぎ 潰走かいそう
題名が同じ作品
レ・ミゼラブル:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)
レ・ミゼラブル:03 序 (新字新仮名)ヴィクトル・ユゴー (著)