レ・ミゼラブル05 第二部 コゼット05 だいにぶ コゼット
一八六一年五月のある麗しい朝、一人の旅人、すなわちこの物語の著者は、ニヴェルからやってきてラ・ユルプの方へ向かっていた。彼は徒歩で、両側に並み木の並んでる石畳の広い街道を進んでいった。街道は立ち並んで大波のようになってる丘の上を曲がりくねっ …
作品に特徴的な語句
皇后サルタナ 相見まみ 水溜みずだめ 皇帝シーザー 皇帝サルタン しっぽ しょう だめ 冷笑ひやかし のたま 面紗かおぎぬ 休息やすらい いた ちく まばたき 海狸うみだぬき 何人なにびと かお 饒舌おしゃべり さま かえる 鋸屑のこぎりくず やつ 大檣ほばしら 祖父おじい 退さが むべ とど たがね すがた たま 上手かみて 塵芥じんかい いや 麻痺しびれ 均斉シンメトリー まばゆ もぐ 溝渠みぞ 鴟梟ふくろう のう わし わらわ 水槽みずぶね よろい かご わき くびす 贋造にせ かけ とつ 幾何きか しょう よじ たなごころ あや こも うかが いにし 規則おきて 後退あとしざ とく 襟飾えりかざ かめ 金額たか きん 野猪いのしし 転覆てんぷく にじ ひろ かばね 賤夫せんぷ きれ かたど あだ 広袖ひろそで ゆか 誘拐ゆうかい かど 彷徨ほうこう 彼方あちら から 死屍しかばね 水松いちい 空洞くうどう 竪琴ハープ わたくし 泥濘でいねい
題名が同じ作品
レ・ミゼラブル:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)
レ・ミゼラブル:03 序 (新字新仮名)ヴィクトル・ユゴー (著)