“釘”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くぎ98.2%
1.3%
くぎづ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
年老いた父が今麦稈帽子をにひっかけている。十月になっても被りつづけている麦稈帽子、それは狐がけたような色をしている。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
十字架にけられし二盗賊の死は罪の当然のとしての死である。しかし同じく十字架に釘けられしイエスはその正反対である。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
パウロがも我生けるにあらず、基督我にりて生けるなりと言つたやうに、肉的生命の全部を十字架の上にけ終りてり神によりて生きんとするの情である。
愛と認識との出発 (新字新仮名) / 倉田百三(著)