愛と認識との出発あいとにんしきとのしゅっぱつ
この書を後れて来たる青年に贈る 兄弟よ、われなんじらに新しき誡を書き贈るにあらず。すなわち始めよりなんじらのもてる旧き誡なり。この旧き誡は始めよりなんじらが聞きしところの道なり。されどわれがなんじらに書き贈るところはまた新しき誡なり。 —— …
作品に特徴的な語句
わずらい はたら ラブ ねが すさま 心情ゲムュート ふさ 心情ゲミュートチ ささ 興味インテレッセ にお イメージ 所有アンアイグネン てがら さば とざ めぐら 欲望ベギールデ 青春ユーゲント ツーゲント とうと かく とも うるお うけが しぼ ほの のぞ 学生シューレル 囈言うはごと ことば きわ とも 種族アルト むな 湿うるお うる たゆ いこ おく まさ 説服パーシュエイド ねぎら ゆる かしま やぶさか 皮肉アイロニイ らん くすぶ こまや なめ ぬる はずか ただ 気息いぶき きわ そびや 方面ザイテ たのみ 思惟しゐ ゆるがせ 当為ゾルレン くつ 密着みっちゃく わらわ 唯一ゆゐいつ いにし かたくな いた はじめ くみ くぎづ うっ 何故なにゆゑ つい 耳朶じだ ゆか すで はま 讎敵しゅうてき こま ひら あつま