“鬱”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふさ61.3%
うつ24.9%
うっ8.3%
うさ2.2%
1.1%
おほ0.6%
しづ0.6%
ふさい0.6%
イブセ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「毎日ぎ込んで途方に暮れてゐる様子です。然しあの宝物の送り主に就いては、一層の想ひを寄せてゐるかに見うけられますな。」
フアウスト (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
苦笑しながら逸作はそう言ったが、わたくしが近頃、歌も詠めずにしているのを知ってるものだから、ってついて来てれた。
雛妓 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「実をいえば、手前こそ人恋しくいたところで、きょうもきのうも胸にしていたものを、誰かに語りたくてならなかった折なのです」
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「そんなわけではない。久しぶりに、夕飯なと共にして、でも語ろうと思うたまでのことよ。はははは。まあ、げ」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その毎日にも何彼と心のさのれることもございましょうが、青い蘆荻のそよぎばかり見ていては心は毎日滅入ってしまうばかりでございます。
津の国人 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
にただ、に泣きりぬ。
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
ますます氣がみこんで、それをもとへ返すためには、かなりな時間がかかるのである。
星より来れる者 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
如何遊され候やと申ければ越前殿癪氣にて四花の邊より小腹へかけきり/\と差込で食事も進まず兎角にでならぬが其方の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
智慧を持ち初めては、あのい女部屋には、ぢつとして居ませぬげな。第一、横佩墻内の——
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)