死者の書ししゃのしょ
彼の人の眠りは、徐かに覚めて行つた。まつ黒い夜の中に、更に冷え圧するものゝ澱んでゐるなかに、目のあいて来るのを、覚えたのである。 したしたした。耳に伝ふやうに来るのは、水の垂れる音か。たゞ凍りつくやう …
作品に特徴的な語句
不機嫌フキゲン アト 身悶ミモダ アカネ 為方シカタ マツゲ 世話ヨバナシ 剃髪テイハツ ネギラ 破風ハフ 菩薩ボサツ 采女ウネメ タノ アガナ 宵闇ヨヒヤミ シトミ ハコ 突嗟トツサ 声高コワダカ 緒口イトグチ 谿タニ クルブシ 直様スグサマ 紺青コンジヤウ 下賤ゲセン 仄暗ホノグラ 凡下ボンゲ 蒼黒アヲグロ コヨミ 丹塗ニヌ 大伽藍ダイガラン 雑作ザフサ 一群ヒトムラ 天稟テンピン ヒメ 著物キモノ 野茨ノイバラ モリ 山間ヤマアヒ 海女アマ 刀自トジ ウタゲ 氷室ヒムロ 法華経ホケキヤウ ウテナ 起居タチヰ 此世コノヨ リン 爛熟ランジユク 金泥コンデイ 山裾ヤマスソ 其中ソノウチ 静謐セイヒツ 常闇トコヤミ 御諚ゴヂヤウ 難波ナニハ ミギリ 御沙汰ゴサタ 闊達クワツタツ 上﨟ジヤウラフ 一塊ヒトクレ 御方オンカタ 新羅シラギ 法度ハツト 内外ウチト 飛鳥アスカ 天日テンピ 其頃ソノコロ 野面ノヅラ 御代ミヨ マブタ ウバ フセ スグ 博士ハカセ 奴隷ヤツコ 御門ミカド 山颪ヤマオロシ オロシ 唐土モロコシ ムコ 宿禰スクネ 郎女イラツメ 時代トキヨ カフコ 馬酔木アシビ 饗宴キヤウエン 大路オホヂ アサ 土龍モグラ 平群ヘグリ 御魂ミタマ 説明コトワケ 若人ワカウド 尾上ヲノヘ 曼陀羅マンダラ
題名が同じ作品
死者の書 (新字新仮名)折口信夫 (著)
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名)折口信夫 (著)
死者の書 (旧字旧仮名)釈迢空 折口信夫 (著)
死者の書 (旧字旧仮名)折口信夫 (著)