死者の書ししゃのしょ
彼の人の眠りは、徐かに覚めて行った。まっ黒い夜の中に、更に冷え圧するものの澱んでいるなかに、目のあいて来るのを、覚えたのである。 したしたした。耳に伝うように来るのは、水の垂れる音か。ただ凍りつくような暗闇の中で、おのずと睫と睫とが離れて来 …
作品に特徴的な語句
はら ええ わけ あおむけ くわ づま くるめ さも うべの かた あわただ もの ときめ いぶ あと 祖父おおじ おしたが おなご 汝等みましたち さが かず 女子おみなご 男子おのこご えま 其方おもと かえ 婢女めやっこ おむな 彩色えのぐ 乳母ちおも じか まるがせ 童女わらわめ あかし 広場にわ 経緯ゆきたて こわ うるわ くら 追放やら 乳母おも こわ 岩窟いわむろ 大家おおやけ くちずさ ひらた かいな めぐ 可愛いと しず かま いまし すべて いんま および かい ひろが いぶせ あわ 悠々うらうら たも いっ つぶ ぐさ かま 老女とじ おそろ うつ 端正きらきら 消息しょうそこ かうこ 御母みおや 興奮はや
題名が同じ作品
死者の書 (新字旧仮名)折口信夫 (著)
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名)折口信夫 (著)
死者の書 (旧字旧仮名)釈迢空 折口信夫 (著)
死者の書 (旧字旧仮名)折口信夫 (著)