“含”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふく83.2%
ふふ3.3%
2.7%
2.2%
ふくみ1.6%
くく1.1%
くゝ1.1%
ふくん1.1%
クヽ1.1%
0.5%
ふくま0.5%
ふくめ0.5%
ふゝ0.5%
クク0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
拜借仕つり度是迄推參候といふに強慾無道の天忠和尚滿面み夫は重疊の事なりは如何にと尋ぬるに大膳はめ聲を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
なお此時家持は、「めりし花の初めに来しわれや散りなむ後に都へ行かむ」(同・四四三五)という歌をも作っているが、下の句はなかなかい。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
御二人手を御取合で互に涙んでらッした御様子てッたら、私も戦地へお行でなさる兄さんが、急に欲しくなった位でした。
昇降場 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
さりとは折角精魂めて再刻した国貞や英泉の美しい複製版画を、自ら墨滴で汚してしまつてゐるものとじつに私は惜み度かつた。
吉原百人斬り (新字旧仮名) / 正岡容(著)
一、一味の存寄申出られ候とも、自己の意趣を候儀これまじく候。誰にても理の当然に申合すべく候。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
其中にお腹もくなり、親の肌で身体もまって、けそうない心持になり、不覚昏々となると、んだ乳首が抜けそうになる。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
梅三郎は間が悪そうに薬をんで飲ませますと、若江はくうゝんと気が付きました。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「ちょっと平岡さんに頼まれて来た用があるのよ、此処でも話せますよ、もう遅いもの、上ると長座なるから。……」と今来た少女は言って、笑をんでいる。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
姫は、誰にも教はらないで、裾をまであげた。風は、姫の髮を吹き亂した。姫は、いつとなく、をとり束ねて、襟から着物の中に、み入れた。夜中になつて、風雨が止み、星空が出た。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
わたしは微笑みながら真面目になって、そのくせ後へはむきもせずに耳をすましていた。
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
爰にび小西屋には裏手の明地へ更に武左衞門が隱居所普請出來の其の上は爰より嫁入をさせんと計りぬ然るに大岡忠相ぬしは町奉行の身をて之が𫥇人に立んと言しは元益等がんを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
徳太郎君此處へも到り夜々されける此事早くも山田奉行大岡忠右衞門て手附の與力に申付召捕にはず只々嚴重追拂ふべしと申ければ與力兩人その意を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
吾がこぼす白き飯粒ひとつひとつ取りてます母は笑ひて
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
姫は、いつとなく、をとり束ねて、襟から着物の中に、み入れた。夜中になつて、風雨が止み、星空が出た。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)