“含羞草”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ねむりぐさ37.5%
おじぎさう25.0%
ミモザ25.0%
はにかみさう12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
菊のちぢれた花と薔薇の房とが重なり合い、含羞草は、その黄金色の花粉をの束の上に散らしていた。
碧眼 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
含羞草の情あるが如き、蓮花の雨を知るの智あるが如き、蜀葵の日を悦ぶが如き、貝殼草や木芙蓉や其の他の多くの草花が、自ら調節して開閉するが如き
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
すぐ風邪をひく含羞草のような山川が、荒くれた異土の風雪に十日もつづけてあてられたら、敵の弾丸を待つまでもなく、肺炎かなにかで、がっくりいってしまうのだろう。
蝶の絵 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
わがゆけば男のにほひちかよると含羞草の葉を閉づるかも
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)