碧眼へきがん
女は寝台のそばに立って、しょんぼりと考えこんでいた。病室用のだぶだぶな被布にくるまっているせいでもあろうが、何だか実際よりも痩せ細って見えた。 あの愛くるしい顔もすっかり衰えてしまった。眼の縁はうすく黯ずんだけれど、哀愁をたたえた底知れぬ深 …
作品に特徴的な語句
やっ 嘲笑ひやか 情人ひと ひと 饒舌おしゃべり かつ あた あや 午前あさ 稼業しょうばい やっ 普通ただ 娼婦おんな 遠方おちかた 室内へや 石碑いし 此方こっち 左様そう 今後これから あが 花牌はなふだ 接吻くちづけ 慄然ぞっ 暖炉ストーブ 捕縛あげ 死刑おしおき 彼処あすこ 河岸がし つま くち 難有ありがと 冷嘲ひやか ねがい 碧眼あおめ 終局しまい 精神こころ 負目おいめ 花牌はな やつ 退 くろ 黄金こがね 静然じっ 階下した 陰影かげ とざ きり 酒杯さかずき のが すみれ とて つまず 起床おき 此院ここ 衣物きもの しお 華美はで 呼吸いき 彼男あれ 彼女あれ 巴里パリ 工場こうば へや 姓名なまえ 女将おかみ 四辺あたり せわ 可憫かわい 判然はっきり くぼ 先刻さっき そば 何時いつ 低声こごえ 眼瞼まぶた 焦悴やつ 滅法めっぽう 溷濁こんだく 気勢けはい 歩調あしどり よこた 木棉もめん いの ほう 憫憐あわれみ 惨々いたいた 惚々ほれぼれ 情婦いろ 情夫おとこ 悲哀かなしみ 性急せっかち