“菫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すみれ97.3%
きん1.4%
スミレ0.7%
ファイルヘン0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
堂とは一町ばかりをおいた、この樹のから、桜草、、山吹、植木屋のを開きめて、長閑に春めく蝶々、娘たちの宵出の姿。
菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それを波長の短いものから並べてみれば、ガンマ線、エックス線、外線、光線、赤外線であろう。さらに波長の長い電波も出るかもしれぬ。
長崎の鐘 (新字新仮名) / 永井隆(著)
早い—げんげ—が、もうちらほら咲いてゐる。遠く見ると、その赤々とした紫が一続きに見えて、夕焼け雲がおりて居るやうに思はれる。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
日本から輸入されたらしい桃色のちりめん紙でを包んでもらって、すぐその近所の先生のへ持って行った。その時に先生がこれはアルペンという花だと教えてくれた。
病室の花 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)