“山楂子”の読み方と例文
読み方割合
さんざし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白樺、白楊、楡、山楂子などの木が、やつと芽を吹いたばかりである。楡の木の背後には黒樺の花が満開してゐる。ルスチニア鳥がき側で一羽啼いてゐる。
彼が村から出ると、道の曲がり角に、山楂子の根元の斜面に、盲目娘のすわってるのが見えた。
いぬふる山楂子の垣根のに連なりぬ。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)