“山楂”の読み方と例文
読み方割合
さんざし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
星の光は薔薇の花にも恵みをたれる。山楂の香気が天の星座には無用だと断言し得る思想家はあるまい。およそだれか分子の行路を測定し得る者があろうか。
山楂は芽ぐみ、丁子は古壁の上に宝石を飾り、薔薇色の金魚草は石の割れ目に花を開き、草の間にはひな菊や金鳳花がかわいく咲きそめ、年内の白いは始めて飛び出し
高地の周囲には、イギリス軍はここかしこに生籬を切り倒し、山楂の間に砲眼をこしらえ、木の枝の間に砲口を差し入れ、荊棘のうちに銃眼をあけていた。その砲兵は茂みの下に潜められていた。