“薔薇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ばら82.2%
さうび7.1%
そうび2.3%
うばら1.6%
ローズ1.3%
しょうび1.3%
いばら1.0%
しやうび1.0%
バラ1.0%
しようび0.3%
ろうさばら0.3%
ロジェ0.3%
ローゼン0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
胸のところに、小さい白い薔薇の花を刺繍して置いた。上衣を着ちゃうと、この刺繍見えなくなる。誰にもわからない。得意である。
女生徒 (新字新仮名) / 太宰治(著)
まだ巣ごもり居て、薔薇の枝の緑の葉をめども、今生ぜむとする蕾をば見ざりき。二月三月の後、薔薇の花は開きぬ。
天真の桜花の、人造の薔薇のといふ譬喩はかたはらいたし。桜花をのみ無上にありがたがりて、外の花の美を知らぬ人とは、共に美術文学を語りがたし。
人々に答ふ (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
高祖保よ の鉢に植ゑるがいい 四季咲きの薔薇一輪その匂ひがおまへの臭みを消す
(新字旧仮名) / 高祖保(著)
その玉は所謂紅玉色で、硝子で薔薇カットが施こされていて、直径五分ばかりのものだ。紅玉色の硝子は、濃い黒い束ね髪の上にあった。
毛の指環 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
柳宗元韓退之の文を読むごとに薔薇で手を清めたと云うくらいだから、吾輩の文に対してもせめて自腹で雑誌を買って来て
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
水藻、ヒヤシンスの根、海には薔薇のり、風味あやしき蓴菜は濁りに濁りし沼に咲く、なまじ清水に魚も住まず。
第二真珠抄 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
丁香薔薇の清凉なるにもあらず、将又百合の香の重く悩ましきにも似ざれば、人或はこれを以て隣家のに林檎を焼き蜂蜜を煮詰むる匂の漏来るものとなすべし。
来青花 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
べし、君らと余との生存中にわれらはユトランドの曠野を化して薔薇の花咲くところとなすを得べし
るまじ、われはかく双手さしのべて願へども、はらはらと散り失せし薔薇が花弁を追ふによしなし
嘆きの孔雀 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
□三月上巳の節句とて往来し、艾糕を作てる、石竹・薔薇罌粟に花咲く、紫蘇生じ、麦始て見ゆ。
コン吉とタヌが薔薇の木の花棚の下で待っていると、目もはるかな荘園に続く大きな木柵をあけて、皮の脚絆をはき
つまり、予言の薫烟と云って、当時貴方の脳裡に浮動していた一つの観念が、薔薇に誘導され、そこで、薔薇乳香と云う一語となって意表面に現われたのでした。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)