“うばら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウバラ
語句割合
薔薇45.5%
優鉢羅18.2%
卯薔薇18.2%
兎原9.1%
菟原9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高祖保よ の鉢に植ゑるがいい 四季咲きの薔薇うばら一輪その匂ひがおまへの臭みを消す
(新字旧仮名) / 高祖保(著)
わが庭の薔薇うばらのとぼそ春過ぎてくれなゐ久し夏はくるしき
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
風は優鉢羅うばらの花の香か。
天地有情 (旧字旧仮名) / 土井晩翠(著)
「火焔の相を象耳に、火焔の色を大青宝色に、火の香気を優鉢羅うばら華香に、火の音を、天鼓になさしめ給え。南無大日如来、お力をもって、金翅難羅竜を召し、火天焔魔王、七母、八執曜、各々力を合せて御幼君のために、息災、延命の象を顕現なさしめ給え」
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
季節は卯薔薇うばらの花乱れ咲く春、それも極くのどかなひるさがりと思ひたい。
ジェイン・グレイ遺文 (新字旧仮名) / 神西清(著)
少女たちが瘠せ細りながらも神経がやや脂肪づき、かく卯薔薇うばらほどの花になつて咲く年齢になつても、明子だけは依然色をくした蕁麻いらくさとして残つた。
青いポアン (新字旧仮名) / 神西清(著)
津の国兎原うばらの山下に小さい家を作って住んでいた彼に、やっと宮仕みやづかえする便りが訪ずれた。
津の国人 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
生絹はまだ明るい夕あかりのなかにまごう方もない、菟原うばら薄男すすきおを見たのであった。
荻吹く歌 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
菟原うばら薄男すすきおといえる人はいつごろ此処ここから去ったのでしょうか。」
荻吹く歌 (新字新仮名) / 室生犀星(著)