津の国人つのくにびと
あらたまの年の三年を待ちわびて ただ今宵こそにひまくらすれ 津の国兎原の山下に小さい家を作って住んでいた彼に、やっと宮仕えする便りが訪ずれた。僅かの給与ではあったが、畑づくりでやっとその日を過している男には、それが終生ののぞみであっただけに …
作品に特徴的な語句
彼方あのかた かた もみ そら 徒事あだごと あつ くわだて うなず うちぎしわ かさね 文様もんよう うる こう わび えにし まば なく おくれ 塗籠くら 一揖いっしゅう 不倖ふこう おもい ぼん おお はし はず ぬか 情実なさけ つむり 布片ぬの 音楽はやし たちこ 再度にど ゆわ 官人かんにん ろう ゆだ 大祓おおはら くれない かご まわ 確乎しっかり とお 埴生はにゆう 斑点ぶち 月草つきくさ おび こわ 御襲おんかさね おん はず 悸乎ぎょつ えき すすき やす たい さぐ 宮腹みやはら 見恍みほ しま わか おう べに 声音こえ ちかい 築地ついじ あか へだた 畳紙たとうがみ ひき 兎原うばら すべ つら とき 甲斐がい とま むご いと 何人だれ つか うけ 躊躇ためら 人格ひとがら たが 渡舟わたしぶね いのり とも