“祷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いの81.4%
いのり8.5%
6.2%
がらつさ1.6%
のり0.8%
0.8%
ハライ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その様子が怪しいので、ひそかに主人らの挙動をうかがっていると、父子は一幅のの絵像を取り出して、うやうやしくっていた。
きっと見ていただけるし、きっと、見てもらえるようにするというめいた心は、すこしも怠けることなく衣裳をとりかえさせたのであった。
玉章 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
ありがたや、ハレルヤとぞ涙ながしてりませば、雀もともに、ハレルヤ、ハレルヤと眼を上げ涙ながして御空を仰ぐ。
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
虫がよくって、不信実で、卑怯で、あとでおきまりの痛悔を唱えさえすればどんなひどい罪でもキレイにつぐなわれると思い込んでいるのですものね。
水戸の神の櫛八玉の神膳夫二一となりて、天つ御饗二二獻る時に、ぎ白して、櫛八玉の神鵜にりて、の底に入りて、底のひあがり出でて二三、天の八十平瓮二四を作りて
カクテ昼ハ共ニ魏ヲツノヲ論じ、夜ハニ歩シ、ヲ踏ンデヲナス。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)