新書太閤記しんしょたいこうき02 第二分冊02 だいにぶんさつ
「こひ!」 浅野又右衛門は、家に帰ると、すぐ大きな声で、妻の名をどなった。 於こひは、あわただしく、出迎えて、 「お帰りなさいませ」 「酒の支度せい」 いきなりいって—— 「お客を拾うて来たぞ」 「それはそれは。どなた様でいらっしゃいますか …
作品に特徴的な語句
ゆる よく うと もろ アリ いき こと ざむらい 退 シカ つい ナオ はすか あかし 恟々こわごわ 平常いつ やかま ちが つく じょ しょう めあ やか 寂寞しじま いい しるし いと 確乎しか 手強テゴワ ともし 上下しょうか 侍女おんな がしら ぬかず しょく もの じゃく 私語しご 羞恥はにかみ から 一瓶いっぺい いつく のり 生活くら 彼方むこう だま せつ づら おわ しも ため 御館みやかた 猪突チヨトツ しぼ 餓死うえじ 往古いにしえ おく ゆる かえ ことほ 夫人おく はず じょう ただ 冥途よみ かかわ おと 賓客まろうど 十市といち ちょう おり とどろき とど 退さが こうべ はぐ とつ うと
題名が同じ作品
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)